Digital Transformation Partner

情報技術を駆使し、人の成長と都市の未来を創る
三重のウェブ専門家
フレアーズ合同会社

調査・研究レポート

Report

三重のウェブ専門家 フレアーズ合同会社 > 調査・研究レポート > WordPress > XAMPP と Laravel Valet と WP-CLI で WordPress 開発環境を Windows に構築する

調査・研究レポート

フレアーズ合同会社は、IT技術、マーケティングに関する情報発信を積極的に行い クライアントや地域、業界の発展に貢献できればと願っています。

XAMPP と Laravel Valet と WP-CLI で WordPress 開発環境を Windows に構築する

YAMAGUCHI Shin

新しい作業用PCを自作したのでこの際に開発環境を一新しようと思って Laravel Valet と WP-CLI を利用した開発環境の構築にトライしてみました。

あまり正しい方法ではないかもしれませんが、いろいろと格闘してみたのでその成果を書きます。

XAMPP を構成する

XAMPP とは

XAMPPはウェブ制作の開発環境をWindowsのローカルマシン上に簡単に構築するためのオールインワンパッケージです。今回はPHPとMySQLのインストールを簡素化するためにXAMPPを利用しました。XAMPPは以下のウェブサイトからインストーラーがダウンロードできます。インストーラーをダウンロードしたらインストーラーの指示に従って進めると簡単にインストールが完了します。

XAMPPを利用したMySQLの起動

XAMPP をインストールしたらXAMPPのコントロールパネルを開きましょう。xampp フォルダ直下に保存されている xampp-control.exe というファイルを実行すると開くことができます。ここではMySQLを有効化します。

PHPのパスを通す

環境変数のPATHにPHPのパスを通しましょう。XAMPPがやってくれる場合もあるのでその場合は不要です。

MySQLのパスを通す

PATHの設定

環境変数のPATHにMySQLのパスを通しましょう。

MYSQL_HOMEの設定

MYSQL_HOMEも設定しましょう。

Composer のインストール

PHPのパッケージ管理システムである Composer をインストールしましょう。

こちらからWindows用のインストーラーをダウンロードできます。

https://getcomposer.org/download/

Laravel Valet を構成する

Laravel Valet とは

Windows の場合はアクリルDNSというツールと組み合わせて project-name.test ドメインに展開してくれるウェブ開発環境を構成するためのツールです。もともとはLaravelの開発環境構築用に作られたようなのですが、私が普段よく利用しているWordPressにも利用できるということで試してみました。

Laravel Valet のインストール

以下の記事が非常に参考になりました。

ここから以下の操作はPowerShellの管理者実行状態で試してみてください。

簡単に手順をまとめると以下の流れになります。

Laravel Valet を Composer を利用してグローバルインストール

composer global require cretueusebiu/valet-windows

 Valet のインストール

valet install

アクリルDNSの設定

  • インターネットプロトコルバージョン4(TCP/IPv4)のプロパティの優先DNSサーバーを「127.0.0.1」に設定
  • インターネットプロトコルバージョン6(TCP/IPv6)のプロパティの優先DNSサーバーを「::1」に設定

Valet を利用したサイトの閲覧

PowerShell で以下のパスに移動

cd C:Users[user-name].configvaletSites

プロジェクトフォルダを作成し、その中に移動

mkdir [project-name]
cd [project-name]

Valet を park

valet park

Valet で 閲覧

valet open

WP-CLIを構成する

WP-CLIのインストールについては以下のページが参考になりました。

WP-CLI のインストール

ユーザールートに移動

cd ~

Composer で WP-CLI のインストールコマンドを実行

composer create-project wp-cli/wp-cli

上記コマンドで作成された wp-cli フォルダ内に移動

cd wp-cli

Composer で WP-CLI のインストールコマンドを実行

composer require wp-cli/wp-cli-bundle

WP-CLI にパスを通す

WP-CLI にパスを通します。

C:Users[user-name]wp-clibin

WordPressのインストール

WordPressのインストールはこちらの記事が参考になります。

WordPress をダウンロードする

Valet の Sites フォルダに移動してWordPress用のプロジェクトフォルダを作成します。

cd [project-name]

WordPress をダウンロードするためのコマンドを実行する

wp core download --locale=ja

データベースを作成する

以下のコマンドを実行してwp-config.php を作成します。

wp core config --dbname=[db-name] --dbuser=root --dbhost=localhost --dbprefix=wp_

以下のコマンドを実行して、データベースを作成します。

wp db create

WordPressをインストールする

以下のコマンドを実行し、WordPressのインストールを実行します。

wp core install --title=[site-test] --admin_user=[user-name] --admin_password=[password] --admin_email=[email] --url=http://[project-name].test/

インストールが完了したらvaletで接続して確認しましょう。

valet park
valet open

以下のようにWordPressが表示されれば成功です。

まとめ

格闘しながら半日ほどかかってしまいましたが、Laravel Valet を Windows で構築するまでの流れを一通り書いてみました。

Valet の使い方について書かれた日本語記事が少なく(特にWindows環境においては)、使い方をなんとなく把握するまでに少し時間がかかりましたが、要領をつかめばなんてことはありませんね。Valet を使ってみた感覚として非常に便利なので今後活用していきたいと思います。

また、今回は(Apache同梱でいざというときに便利なので)PHPとMySQLをXAMPPに頼ってしまいましたが、この2つについてもピュアにインストールすれば無駄なファイルなどは極力するなくすることができますね。今回は時間を短縮するためにXAMPPを使いましたが、十分に時間がある状況においてはXAMPPはあまりお勧めしませんので自分で環境を作りこめる状況がベストだと思います。

その他には、Dockerを使うか迷ったのですが、今回WindowsがHomeエディションなのもあるし、Docker Toolbox を使うとかなんとかいろいろと調べるのも骨が折れそうだったので、とりあえず Laravel Valet にしてみた感じです。このまま使ってみていろいろと思うことがあったらまた所感を書いてみたいと思います。

WordPressサイトを量産するときに使うであろうコマンドを以下に集めておきますのでよかったら利用してあげてください。

検索

最近の投稿

カテゴリー