調査・研究レポートReport

投稿日:2021年6月19日

仕事と責任

昔先生と呼ばれた職業がいくつかありまいた。政治家、学校の先生、お医者さんなどがその先生と呼ばれた職業の1つです。それぞれの職業は、とても強い力をもっとおり、人の生活や仕事に与える強い影響力を持っていました。その中でも、学校の先生が社会に与える影響力は現在失われつつあるように思われます。

私の家系は代々学校の先生一家なので、両親や祖父、曾祖父、叔父叔母、従妹、兄弟に当たるまでありとあらゆる親族に学校の先生がいますが、私自身は学校の先生を辞めて、ITエンジニアをやっています。それでも、学校の先生に対するこだわりみたいなものが脳裏をよぎることが多くあります。

学校の先生だけでは、教育は良い方向には向かいません。保護者と協力をし、地域の皆さんと協力をし、一丸となって、地域の未来を支える子供たちに向けた教育を実践する必要があります。もちろん、大人になってからも障害成長を続ける必要があるのかもしれません。私自身、周囲の皆さんに育てていただきながら、日々成長を続けているという自負があります。

自らの職責や仕事と責任を果たし、より良い社会の創造に向けて、一歩を踏み出したいところですね。今日は、仕事と責任という名前で、学校の先生の職業倫理について簡単に整理をしてみました。もしよろしければお読みください。

FLARESへのご相談・ご依頼

制作依頼・サービスについて不明な点ございましたらお気軽にお問い合わせください

資料ダウンロード

会社やサービスに関する資料ダウンロードをご希望の方は右の資料ダウンロードページからご利用ください。

採用情報

採用応募をご希望の方は応募フォームからご応募ください。

採用サイトへ