Digital Transformation Partner

情報技術を駆使し、人の成長と都市の未来を創る
三重のウェブ専門家
フレアーズ合同会社

業務日報

Diary

業務日報

メンバーの業務日報です。日々の業務の中で感じたことを執筆しています。
フレアーズ合同会社の仕事について知っていただければと思い、公開しています。

新年のごあいさつ

YAMAGUCHI Shin

新年あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

弊社は三重県四日市市のIT企業で、2020年1月に設立をし、1年間を通して三重・名古屋圏の企業様をお客様としてウェブサイトの制作や業務システムの開発を行ってきました。 2021年からは地域の企業様の事業推進を支援するためのITやウェブを活用した仕組みを精力的に提供していきたいと考えております。

その第一弾として、弊社の2期目の開始日にあたる2021年1月6日本日をもって、人材採用サイト制作サービス「リクデジ」をリリースいたします。

小さな会社の経験則に基づく採用サイト制作サービス
リクデジ with WordPress – Recruiting in the Digital –
https://recruiting-in-the.digital/

フレアーズ合同会社採用サイト(デモサイト)
https://flares.recruiting-in-the.digital

「リクデジ」を簡単にご説明すると、人材採用を行うためのウェブサイトを基本無料でお客様にご提供し、人材採用を行うための環境をご提供するとともに、お客様企業が求める求職者に向けた求人原稿執筆の支援を行ったり、サイトの使い方を支援させていただくサービスとなっております。ITリテラシーと平たい言葉を使っても仕方がないのですが、私たちよりも年齢が上の世代の方々にとっては、IT技術は少し敷居が高いと感じられる場合が多いことは時代の流れを考えると自然なことだと感じます。ITやウェブといったよくわからないものに大金を投じるのは経営上の選択としてはあまり良い選択だとは思いませんので、まずは無料から始めていただき、成果の分だけお支払いをいただくという形式で地域の企業様の人材採用を支援できれば心から願っております。

また、「リクデジ」は地域の中小企業様や小規模事業者様向けのサービスとしてご説明をさせていただきましたが、実際に中小規模の企業様向けのサービス以外を行っていないかと言えばそうでもなく、昨年に関しては自動車関係企業のお客様や学習塾等のマーケティングを担当されている企業様などをはじめとしたお客様のウェブサイトの制作を担当させていただいておりました。地域の大企業様が抱えるIT資産は資産というよりも負債と定義した方が適切なことが多いようにも感じるほどで、「脱レガシー」といったキーワードが有名になるほど、過去のIT資産に手を付けられずに手をこまねいている企業様が多く存在します。

私たちは、安心して仕事に取り組める契約と信頼関係を通して、心地よく活動できるフィールドをご提供いただき、技術者として技術研鑽を通して、これらの改善や改修に果敢に挑み、お客様と共に次のステージへの一歩を踏み出すお手伝いを行うことができればと心から願っております。

新年を迎えて、各企業様は、2021年度の事業計画や予算獲得の時期に差し掛かっているかと思います。弊社としてできることは、弊社のブランドステートメントでもある「情報技術を駆使して人の成長と都市の未来を創る」ことに繋がる企業様の支援となりますので、今後も継続的に支援を続けていきたいと考えております。 最近では過去に勤めていた会社の方からウェブサイトの制作のご相談をいただいたり、既存のお客様から新規のお仕事のご依頼などもお声掛けいただけるようになってきました。人は特定の人や企業様との関係を継続している限り、それ以外の関係を多く築くことができないのは時間や空間に縛られるといった人の宿命がある限りどうしようもありませんが、昨年大変お世話になった企業様との2020年11月末での契約終了をもって、弊社は新たな一歩を踏み出し始めたと言えるのかもしれません。

そして、2021年は「勝負の年」と、自分たちの中で定義をしておりまして、この三重県で自分達にできることをやりきると心に決めております。 独立してからなんとか3年半の月日を過ごしてましたが、幕を開けたばかりの令和の時代の荒波に飲み込まれないように、お互いに協力し合いながら、仕事を通して社会貢献に繋がる活動を力強く踏みしめていきたいと考えております。

まだまだ、力不足で周囲にはご迷惑をおかけしてばかりなので、周囲から批判されることも多くありますし、先輩方に鍛えられるといったシーンも昨年は多く経験してきましたが、2021年からは自分自身の責任で、自社の事業として大きな一歩を踏み出していきたいと考えております。 今年1年間を通して、どこまで飛躍できるかはわかりませんが、自分達が持てるIT技術を駆使し、家族、従業員、協力会社や協力者、友人など、すべてと協力をし、地域で暮らす多くの方が笑顔になれるように全力を尽くしたいと考えております。

そのためには、エンジニアやデザイナー、マーケター、制作ディレクターといった、ITプロダクトを開発制作するための仲間が必要不可欠です。そこで、私からお願いがあります。私たちに力を貸してください。そして、2021年が終わる頃には、現在のコロナによって突き落とされた絶望的なムードを吹き飛ばしつつ、新たな令和の時代を希望をもって力強く生きたいと思えるような社会を作れるよう、一緒に新たな一歩を踏み出していきませんか。一緒に地域を元気にするために全力を尽くし、地域で暮らす方々と共に明るい未来を創造するため、私たちと一緒に歩んでいただくことをご検討いただけるとこれ以上に嬉しいことはございません。

最後になりますが、カンペ棒読みとなってしまい大変申し訳ございません。フレアーズ合同会社代表社員として、地域で暮らすみなさんに向けた新年のごあいさつおよび決意表明としてのメッセージをこれで締めくくりたいと思います。

最後まで動画をご視聴いただき誠にありがとうございました。

検索

最近の投稿

カテゴリー